[ 文字サイズ:標準 - 拡大 ]

会社案内

会社概要

共栄プレス工業は1957年、尼崎市にて金属加工技術を通して広く社会貢献する事を目的に創業。 金型・治具・自動機の製作、量産ではプレス、板金/溶接、機械加工、組立、メッキ、塗装に至るまでの一貫生産体制を築いています。
社 名 :共栄プレス工業株式会社
代表者 :代表取締役 青山 志浩
創 業 :1957年4月
資本金 :1000万円
 

事業内容

(1) プレス板金溶接の製作・組立
(2) アルミ形材製品の加工・組立
(3) 金型・冶具・自動機・試験装置の設計及び製作
(4) 長尺のインチボルト製造
(5) 試作・特殊品からの受託開発、受託生産
 

沿革

1957年 4月尼崎市久々知にて『共栄工作所』として創業
1962年 4月尼崎市御園へ移転
1966年 9月株式会社設立『共栄プレス工業株式会社』に社名変更
1977年 4月
業容の拡大を図るべく現在地・尼崎市田能に新工場を建設、本社を移転
200tトランスファプレス・順送ラインを導入
1979年 3月バルコニー、テラス、ルーフ等、アルミ製品の生産開始
1982年 5月板金加工推進にCNCタレットパンチプレス、NCブレーキを導入
1982年 6月金型製作の効率化にマシニングセンタ、ワイヤーカットを導入
1987年 4月尼崎市南清水『アルミエクステリア(AE)工場』新設
1991年 3月生産性向上にプレスロボットラインを導入
1994年 10月溶接加工推進に溶接ロボットラインを導入
1995年 8月静岡県牧之原市に『静岡工場』新設
2001年 3月ISO 9001認証取得
2001年 4月本社工場拡張、レーザー加工機増設
2003年 4月海外調達開始
2009年 5月本社工場隣接のボルト生産設備・工場を譲り受け『長尺ボルト工場』としてボルトの生産開始



ページトップへ